停電対策を考える

健康とダイエット@sanwa-trd.com

停電対策を考える

落雷の影響で停電が引き起こされることがあります。ですが、それを想定して対策を施しておくと、様々なトラブルを回避することができます。

 

停電が起こっても、日中であればそれほど問題はないでしょう。ですが、夜に停電になると暗くなってしまい、とても危険です。最低限の明かりを確保するための対策として、懐中電灯はすぐ使えるように準備しておくといいでしょう。

 

ですが、停電がなかなか収まらないと、懐中電灯の電池残量が少なくなってしまいます。そのための対策として、手回し充電式の懐中電灯を用意しておくと安心です。

 

LED電球が使われた懐中電灯であれば、普通の懐中電灯に比べて明るさや寿命が長続きします。ソーラーパネルつきのソーラー充電式の懐中電灯もおすすめです。電池が必要ないことはもちろん、手回しをする手間も省くことができます。

 

懐中電灯以外にもソーラー充電式や手回し充電式のランタンを使うのも、対策として有効です。手元の確認が必要な作業をするときや、食事をするときにも役だってくれます。

 

また、落雷の影響によって停電が起こると情報収集が難しくなってしまいますが、ラジオを用意しておけば安心です。ラジオもソーラー充電式のものや手回し充電式のものがあるので、万が一のときのために準備しておくといいでしょう。

 

落雷のときには家族などが無事かどうか気になりますが、携帯電話は長時間使うと電池がなくなってしまいます。使用に支障を来さないためには、ソーラー式の充電器や手回し充電器を用意しておくといいでしょう。